FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120Hz、144Hzモニターの重要性について

2014.03.04.Tue.11:53
ふわふわたま毛のYugo1です。

今回は上位プレイヤーが必ずと言っていいほど持っている120Hz・144Hzモニターについて書きます。
まずはじめに、数字のあとについてる「Hz」という単位

これはヘルツと呼び、単位時間に何回画面を書き直すかを表します(By Wiki)

つまり、この値が大きければ大きいほど、単位時間あたりに映し出される情報が多いというわけです。

60Hzモニターだと1秒間に60回情報を更新し、120Hzモニターだと1秒間に120回情報を更新します。

これは、1/60=0.017秒に1回 1/120=0.0084秒に1回画像を表示するということです。
(次から見やすくするために1.7秒、0.84秒と書きます)

60Hzモニターが1回新しい画像を映し出している間に、

120Hzモニターはの2回新しい情報を映し出しているということです。

ではこの差が如実に現れる場面というと、

置きAIMをしている時です。

適当な絵ですみませんが下図を見てください。

無題

このように壁から敵が飛び出してくるという状況を想定します。

60Hzモニターだと敵が壁の端から飛び出して、

自分のモニターに敵が表示されるまでに先ほど述べた1.7秒かかります。

それに比べ120Hzモニターだと、敵が表示されるまでわずか0.84秒で表示されます。

60Hzモニターでは1.7秒立たないと敵が見えないのに、120Hzモニターを使うことで0.84秒で見えます。

これは反応速度に大きな影響を与えます。

60hz
120hz


ゲーム側から「敵が壁から飛び出してきた」という情報を受け取ったとしても、、

実際には敵がいるのに60Hzモニターだと
画像を更新する速度が遅く0秒から1.6秒までは敵が見えません。

しかし120Hzモニターだとその半分の0.84秒で敵が見え、反応しやすくなります。


というわけでみんな120Hzモニター、140Hzモニターを買いましょう!!!
強くなれます!!!
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。