スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講座その4:自分一人だけになった場合の戦い方

2014.01.15.Wed.22:38
ふわふわたま毛のYugo1です。

今回は自分が一人残された場合における1 : 複数 における戦い方について書きます。

基本となる立ち回りは1:1になるように複数の射線を潰すことです。

複数の射線を潰すというのは、自分が敵と撃ち合ってる最中に、

ほかの場所から敵が出てきて自分が複数から撃たれるという状況をなくすということです。

どうすればいいかというと、すぐにはカバーできないように壁や障害物を利用しましょう。

また、敵が複数のルートから出てきても自分のおいている位置で合流するように立ち位置を変えましょう。

例えばINNDIAの1中で設置し、自分一人が生き残った場合を考えましょう

①:敵が敵リスに二人以上しかいない場合


AVA_140115_221309_[392, 0,1952][1][SW-India]_00


このように置きAIMしてるとき、敵が出てくる場所は2パターンあります。

右から出てきた敵を撃ち合ってる最中に左から出てきてやられたり、

左右同時に出られてAIMが泳いでしまう場合もあります。

このような場合は右側に映っている木箱を利用してみましょう。

すこし後ろに下がってみると、

AVA_140115_221704_[392, 0,1952][1][SW-India]_00

このようにAIMが置け、敵が左右どちらから出てきたとしても自分のおいている位置で合流します。

そうすれば敵が連続で出てきても激しくAIMをせずに落ち着いて狙えます。

また箱があるので弾切れやレティクルが開いてしまっても隠れて時間が稼げます。

②:敵が敵リスとダクトから入ってくる場合

AVA_140115_221326_[392, 0,1952][1][SW-India]_00

このように待っていると、敵がくる可能性としては

正面から3パターン、ダクトから1パターンの合計4パターンがあります。

この場合も、先ほどと述べたように、正面の敵を撃ち合ってる最中にダクトから敵が入り、

サイドアタックをもろに受けてしまうことになります。

こういうときは柱やバリケードを利用しましょう。

AVA_140115_221715_[392, 0,1952][1][SW-India]_00

このように待てば、正面の敵は自分のおいている位置で合流し、

自分が正面の敵と撃ち合ってる最中にダクトから入ってきた敵は、

柱が邪魔で自分の姿が見えず時間が稼げます。

このように、柱やバリケードなどのオブジェクトを使い、

敵のカバーをしずらくするような立ち位置を見つけておくと有利に戦えます。

しかしバリケード裏などは定番のポジションであり決め打ちされる可能性もあるので

一概にこの位置がいいとは言えません。

これは単なる一例ですが、このような考えを持っていれば、他の爆破マップや殲滅などにも応用できます。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。